オリンピック関連銘柄を検証

オリンピック関連銘柄

2020年オリンピック開催で何兆円とも言う経済効果が期待されています、今後、オリンピック関連株を検証していきます。

オリンピック関連銘柄とは

オリンピック関連銘柄

在り来たりな指標などは後回しにします、他サイトでは書かない事やニッチな事をなるべく書きたいと思います。

オリンピック開催されるまでにいつの時代もテレビが売れるのはみなさんもご存じの事でしょう、そう液晶テレビの購入が国内では一巡しました、今後、4Kモニタの時代がやってきます、4Kはまだ早いと思う方もいらっしゃるかと思いますが、オリンピック開催は2020年で7年後ですから今の液晶が10年落ちの方も沢山出てくるでしょう。 つまり買い替え時期がやってくるのです。

オリンピック開催で株高を連想するとき、やはり建設関連株だと思いますし、実際大手ゼネコンには大量発注される事だと思います。 オリンピック開催が発表された翌日から多くの建設株が物色されています。 「そんな事知ってるよ」って方に切り口を変えて見てもらう事にします。 当サイトのおすすめは抜け目と思われる首都高速の改修作業です、地震によ被災地復興や何だかんだで遅れているのが首都高速の問題で以前の東京オリンピックの時から今まで毎日利用されている高速道路で、現在に至るまでに目に見えて老朽化が進んでいます。 トンネルもそうですしブリッジにしてもしかりです。 新しい所に道路を作るのと今ある道路を作りなおすのではコストの掛かり方も違います。低迷している橋梁株を見直してみては如何でしょうか。

最新情報

RSS
wc_435596_01_pic1

3423 エスイー

PC用の定着工法で成長。落橋防止装置はシェアトップ。仏アンジェロップ社と合弁子会社 公共インフラの老朽化対策需...